Livestyle サポートサイト
Livestyle サポートサイト > Office 365(ユーザー向け) > Exchange Online > Outlook on the web > メッセージを別アカウントにリダイレクトする

メッセージを別アカウントにリダイレクトする

(公開: 2017年06月20日)

受信トレイのルールをしようすれば、メールボックスに送信されたメッセージを別のアカウントに自動的にリダイレクトすることができます。これはメールボックスをチェックすることなく、別のアカウントからメッセージを読んで返信する場合に便利です。

 

 

《リダイレクトと転送の違い》

 

◆リダイレクトされたメッセージは、元の送信者から受信したように表示されます。リダイレクトされたメッセージへの返信を元の送信者に送信する場合、リダイレクトルールを使います。

 

◆転送されたメッセージは、自分が転送したメッセージとして表示されます。返信を元の送信者ではなく、メッセージの転送元のアドレスに送信する場合は、転送メッセージルールを使用します。

 

 

1.下記のURLへアクセスし、Outlook on the web にサインインします。

 

 

https://outlook.office365.com/

 

 

2.サインインができましたら、画面右上の ①【設定】  、②【メール】の順にクリックします。

 

 

 

 

3.次に画面左側に表示された、①【受信トレイと一括処理ルール】をクリックし、画面中央に表示された「受信トレイのルール」の ②【+】をクリックします。

 

 

 

 

4.『新しい受信トレイルール』が表示されます。
「名前」にルールの名前を入力します。
「メッセージを受信し、そのメッセージが次の条件をすべて満たす場合」で、【すべてのメッセージに適用】を選びます。
「次のすべてを実行する」で、【転送、リダイレクト、または送信】⇒【メッセージを次へリダイレクトする…】を選びます。

 

 

 

 

5.連絡先一覧が表示されます。リダイレクト先をアドレス帳ビューでダブルクリックして選択します。
リダイレクト先のアドレスが登録されていない場合は、ウィンドウ上部の「メッセージを次へリダイレクトする…」にメールアドレスを入力します。
リダイレクト先の選択ができましたら、【保存】をクリックします。

 

 

 

 

6.『新しい受信トレイルール』に戻りましたら、【OK】をクリックして設定完了です。