Livestyle サポートサイト
Livestyle サポートサイト > Office 365 コラム > Office 2016 の「自動保存」機能

Office 2016 の「自動保存」機能

(公開: 2017年12月05日)

Office 2016 に新たな機能が追加されました。

SharePoint Online もしくは OneDrive for Business に保存されている Office ファイルを編集中に、ファイルが自動的に保存される機能です。複数のユーザーが同じファイルを共同編集している場合は、それぞれが変更した内容をすぐに確認することも可能です。

 

 

左上の「自動保存」スイッチが目印です!

 

 

 

 

自動保存が使えるのは?

 

Office 365 Business または Office 365 ProPlus をご利用の場合に、Excel と PowerPoint で「自動保存」機能をお使いいただけます。

 

 

 

自動保存されたファイルを元に戻すには?

 

意図せず自動保存されてしまった場合も、バージョン履歴から元に戻すことが可能です。

※自動保存したくない場合は、スイッチを「オフ」にしてから編集作業を行うことをお勧めいたします。

 

 

 

下記のような場合には「自動保存」機能は動作しません

 

・ファイルが、ファイルサーバーやローカルにある

・ファイル形式が古い(.xls や .ppt)

・Excel ブックに自動保存でサポートされていない機能が含まれる(共有ブック機能、ブックの保護、アクセス制限 等々)