Livestyle サポートサイト
Livestyle サポートサイト > Office 365(ユーザー向け) > SharePoint Online > ファイルの保存場所をリンクで共有する

ファイルの保存場所をリンクで共有する

(公開: 2018年11月22日)

SharePoint Online に保存されているファイルを、編集権限などを付与してリンクで社内ユーザーに共有することができます。

SharePoint のモダンUIとクラシックUIによって、表示される内容が異なります。

 

1.モダンUI表示の場合
2.クラシックUI表示の場合

 

 

モダンUI表示の場合

 

1.SharaPoint Online を開きます。共有したいファイルまたはフォルダーが保存されているドキュメントライブラリを開きます。

 

 

 

2.①共有したいアイテムにチェック入れ、②【リンクのコピー】をクリックします。

 

 

 

3.アイテムへのリンクが作成されますので、赤枠をクリックし、相手にアイテムに対する権限を選択します。

 

 

 

4.選択した項目によって付与されるアクセス権の内容については、下記の表をご確認ください。選択が完了しましたら、【適用】をクリックします。

 

 

選択項目 設定内容
リンクを知っているすべてのユーザー このリンクを受信するすべてのユーザーにアクセス権を付与します。
リンクを知っている「自分の組織」のユーザー 組織の全員にアクセス権を付与します。
既存のアクセス権を持つユーザー アイテムに対して閲覧以上の権限が付与されているユーザーに対して共有するためのリンクです。
特定のユーザー 指定したユーザーにのみアクセス権を付与します。
編集を許可する チェックが入っている場合のみにアイテムに対して編集をすることができます。
レビューモードでのみ開く オンにすることで編集の中でもコメントの入力、ドキュメントの変更の提案のみが可能になります。

※社外ユーザーに共有するリンクを作成したい場合には、組織で外部共有が許可されている場合のみに使用できます。

 

閲覧のみに設定したい場合は、①【編集を許可する】のチェックを外し、②【ダウンロードを禁止する】をオンにします。

 

 

 

5.【コピー】をクリックし、メールやチャットなどにリンクを貼り付けて相手に送信します。

 

 

 

 

クラシックUI表示の場合

 

 

1.SharePoint Online を開きます。共有したいファイルまたはフォルダーが保存されているドキュメントライブラリを開きます。

 

 

 

2.共有したいアイテムの①【…】をクリックし、②表示された詳細画面の【…】をクリックします。③プルダウンの中から【リンクの取得】を選択します。

 

 

 

 

 

3.「’アイテム名’の共有」ウィンドウが開きます。アイテムへのリンクが作成されます。赤枠を選択し、相手にアイテムに対する権限を選択します。
選択した項目によって付与されるアクセス権の内容については、下記の表をご確認ください。

 

 

選択項目 設定内容
制限付きリンク – 特定のユーザーのみがこのリンクを開くことができます 既にアイテムに対して閲覧以上の権限が付与されているユーザーに対して共有するためのリンクです。
表示リンク – 「自分の組織」アカウントが必要 組織のユーザーであればアイテムを表示する事ができます。
編集リンク – 「自分の組織」アカウントが必要 組織のユーザーであればアイテムを表示し編集する事ができます。
表示リンク – サインインは必要ありません ※ リンクを受信したユーザーであればアイテムを表示する事ができます。
編集リンク – サインインは必要ありません ※ リンクを受信したユーザーであればアイテムを表示し編集する事ができます。

※社外ユーザーに共有するリンクを作成したい場合には、組織で外部共有が許可されている場合のみに使用できます。

 

 

4.①リンク部分にカーソルを合わせ、②右クリック後メニュー内の【コピー】を選択し、メールやチャットなどにリンクを貼り付けて相手に送信します。
(ショートカットキー【Ctrl+C】でもコピーできます)