Livestyle サポートサイト
Livestyle サポートサイト > Office 365 コラム > Outlook でメンション【@】を活用しましょう

Outlook でメンション【@】を活用しましょう

(公開: 2018年12月11日)

チームへメールを送信する際に、メンバーそれぞれに異なる依頼をすることがあるかと思います。

@ を使ってメンションをすることで、受信した側では自分の名前が強調して表示され、自分への依頼があるかどうか分かりやすくなります。

 

 

 

メンションのしかた

 

メールや会議出席依頼の本文で、@ の後ろに対象ユーザーの名前を入力し、候補からユーザーを選択します。

 

 

 

ユーザーを選択すると、宛先 (TO) にもそのユーザーが追加されます。

 

 

 

 

受信した側

 

受信した側では、自分がメンションされているメールには @ のアイコンが表示されます。

また、そのメールの本文では、自分の名前が強調して表示されるようになります。

 

 

 

補足

 

この機能が有効なのは、受信者が Exchange Online 、Exchange Server 2016/2019、Outlook.com を使用している場合のみです。

この機能は、Outlook 2016 以降のクライアント、Outlook on the web、スマートフォン向け Outlook アプリ で使用できます。