Livestyle サポートサイト
Livestyle サポートサイト > Office 365(ユーザー向け) > Teams > チームとチャットの基本的な違い

チームとチャットの基本的な違い

(公開: 2020年02月21日)

Microsoft Teams でのチームとチャットの違いについてご案内します。

 

Teamsで会話をする場合、大きく分けて2種類あります。

チームのチャネルの会話タブで行うチャットと、個人チャット、グループチャットのチャットです。

 

 

1. チームの特徴
2. チャットの特徴

 

チームの特徴

 

チーム(チャネル)では、チーム内のすべてのユーザーが見ることができ、プロジェクトや部署毎などの単位の運用を目的としています。
例えば、「〇〇チーム」という中で、参加ユーザーにのみ会話やファイルを限定的に公開できます。

 

 

【チームのチャネルの会話】

 

1.【新しい投稿】をクリックします。

 

 

 

 

2. 会話を入力し投稿します。

 

 

 

 

3. 会話に件名を入力できます。件名は新しい会話を開始する時にしか入力ができません。
送信ボタンを押すと、新しいスレッドが作成されます。

 

 

 

 

4. チームのチャットはスレッドに返信をすることができます。

 

 

 

 

 

チャットの特徴

 

チャットは、個々での利用を目的としています。チャット内のユーザー同士のみメッセージを見ることができす。
またはグループを作成して、特定のメンバーでチャットすることもできます。

 

 

【チャット機能での会話】

 

1.新しいメッセージを入力します。

 

 

 

 

2. メッセージはスレッドではなく個別での表示となります。
※①の表示は既読機能となります。