Livestyle サポートサイト
Livestyle サポートサイト > Office 365(管理者向け) > Exchange Online > Office 365 ATPの安全な添付ファイルで有害コンテンツから組織を守る

Office 365 ATPの安全な添付ファイルで有害コンテンツから組織を守る

(公開: 2020年03月26日)

日常的に受信するメールに添付されているファイルが、本当に安全なものであるか簡単に判断できるとは限りません。もし、開封した添付ファイルにマルウェアが仕込まれていた場合は、組織に甚大な被害をもたらす可能性があります。

 

Office 365 ATP の安全な添付ファイルポリシーを設定することで、添付ファイルによる攻撃から組織を保護することができます。

 

 

安全な添付ファイルポリシーを設定する

 

1.Microsoft 365 セキュリティ/コンプライアンスセンター( https://protection.office.com )にアクセスします。

 

 

2.左ペインから [脅威の管理] > [ポリシー] をクリックして、表示された画面から [ATPの安全な添付ファイル] をクリックします。

 

 

 

 

 

 

3.[新規作成] ボタンをクリックします。

 

 

※[SharePoint、OneDrive、Microsoft Teams に対してATPを有効にする] にはチェックを入れて保存しておくことを推奨いたします

 

 

 

 

 

4.任意の [名前] と [説明] を入力して、オプションを選択します。

 

 

 

 

 

5.[適用先] セクションで任意の適用先を選択し、適用先を [追加] して [OK] を選択します。

 

 

 

 

6.[保存] をクリックします。

 

 

 

 

安全な添付ファイルポリシーのオプション

 

オプション 機能 用途
オフ 添付ファイルのマルウェアをスキ
ャンしません。
信頼できる差出人や、内部のスキャナ
やスマートホスト等のメールルーティ
ングで遅延が発生しないようにスキャ
ンをオフにします。
モニター マルウェアの検出後もメッセージ
の配信を継続し、スキャン結果を
追跡します。
検出されたマルウェアが組織内で通過
する場所を確認します。
ブロック 一度検出されたマルウェアと同様
のメッセージと添付ファイルを自
動的にブロックします。
同じマルウェアの添付ファイルを利用
した繰り返しの攻撃から保護します。
置換 マルウェアが検出された添付ファ
イルをブロックし、メッセージの
配信を続行します。
マルウェアが検出されたため添付ファ
イルが削除されたことを受信者に知ら
せます。
動的配信 ファイルを添付せずにメッセージ
を配信し、ファイルはスキャン完
了後に添付し直します。
悪意のあるファイルから受信者を保護
しながら、メッセージの遅延を回避し
ます。
また、受信者がスキャンの実行中にセ
ーフモードで添付ファイルをプレビュ
ーできるようにします。
リダイレクトを有効にする ブロック、監視、または置換され
た添付ファイルを指定したメール
アドレスに送信します。
管理者が疑わしい添付ファイルを調査
できるようにします。
添付ファイルのマルウェア対策
スキャンがタイムアウトになる
かエラーが発生する場合は、上
記の選択を適用します。
添付ファイルのマルウェア対策ス
キャンがタイムアウトになるかエ
ラーが発生する場合は、上で選択
したオプションを適用します。