Livestyle サポートサイト

会議中の画面の共有方法

(公開: 2020年04月24日)

Microsoft Teamsでは、会議中に自分のテスクトップ、PowerPoint、特定のアプリまたはファイルを共有することが出来ます。

自分の画面を会議参加者に共有する方法をご案内します。

 

1. Microsoft Teamsのデスクトップアプリ版をご利用の場合

 

 

2. Microsoft TeamsをWebブラウザーからご利用の場合

 

 

 

 

Microsoft Teamsのデスクトップアプリ版をご利用の場合

 

 

1.会議中上部の 【コンテンツを共有】をクリックします。

 

 

 

 

 

2.コンテンツを共有をクリックすると、【画面】【ウィンドウ】【Microsoft Whiteboard】【PowerPoint Live】【OneDrive/コンピューターを参照】及び【Freehand by InVision】の中から共有することが可能です。

 

 

 

 

共有機能について表をご確認ください。

 

 

機能 内容
①画面 デスクトップの全体の画面を共有する。
②ウィンドウ 画面上で起動中のウィンドウを共有する。
③Microsoft Whiteboard  ホワイトボードを起動し共有する。
④PowerPoint Live  PowerPointファイルを共有する。
⑤参照ファイル PowerPoint以外のファイルをコンピューターやOneDriveから共有する。
⑥Freehand by InVision アプリやWebサイトの試作を作成するツール

 

 

 

 

 

Microsoft TeamsをWebブラウザーからご利用の場合

 

 

Google ChromeMicrosoft Edge(Chromium)は同様の動作となります。

※ご利用のブラウザーによってWeb会議が対応していない場合があります。

 

 

.Chromeより画面共有をする場合、①「共有トレイを開く」をクリックし、②【画面共有】をクリックします。

 

 

 

 

 

2.画面共有をクリック後、次のように表示されますので、共有したい画面を選択し、【共有】をクリックします。

 

 

 

 

機能 説明
画面全体 全体的の画面を共有する。
ウィンドウ デスクトップ上に起動しているアプリ等を共有する。
Chrome タブ Chrome内のタブを共有する。

 

 

※Teamsのモバイルアプリから画面の共有方法については下記よりご確認ください。

「Teamsモバイルアプリからの画面共有方法」