Livestyle サポートサイト
Livestyle サポートサイト > Office 365(ユーザー向け) > Teams > 挙手機能を使って会議で発言する

挙手機能を使って会議で発言する

(公開: 2020年05月28日)

Teamsの挙手機能を利用する方法をご案内します。

自分が発言したいときに意思表示できる機能です。相手の話を遮ってしまうかもしれない状況で有効に機能します。

この機能は参加人数が3人以上でないと表示されません。

デスクトップアプリだけでなく、ブラウザ版でも利用可能です。

 

 

1.手を挙げる・手を下げる

 

2.他人が手を挙げた時の表示

 

3.他人の手を下げる

 

 

 

 

【手を挙げる・手を下げる】

 

 

【デスクトップ版の場合】

 

1.Teams会議に参加し、コントロールバーの①アイコンから②「手を挙げる」をクリックすると挙手ができます。

 

 

 

※挙手後の画面

 

 

 

2.手を下げたい場合は、再度手のマークをクリックすると手を下げる事ができます。1.と同じ手順で「手を下ろす」を押します。

 一度上げた手は現時点では自動では下がらないため手動で手を下げてください。

 

 

 

 

【ブラウザ版の場合】

 

1.Teams会議に参加し、コントロールバーの①から②「手を挙げる」をクリックすると挙手ができます。

 

 

※挙手後の画面

 

 

2.手を下げたい場合は、再度手のマークをクリックすると手を下げる事ができます。1.と同じ手順で「手を下ろす」を押します。

 

 

 

 

 

 

 

 

【他人が手を挙げた時の表示】

 

 

1.誰かが手を挙げるとコントロールバーの「参加者の表示」アイコンにバッジが表示され、吹き出しで誰が挙手したかが表示されます。

画面上でも、ユーザー名の前に手のアイコンが表示されます。

 

 

 

 

 

 

2. 複数人が手を挙げた場合には、「参加者の表示」をクリックすると手を挙げた人が一覧で表示されます。

 

 

 

 

 

 

【他人の手を下げる】

 

 

1. 「参加者を表示」のユーザー一覧の画面から参加者にカーソルを合わせます。「…」が表示されたらクリックして、「手を下ろす」をクリックします。

 

 

 

 

 

2.または、会議中の表示のユーザー名のをクリックし「手を下ろす」を選択します。

 

 

 

 

3.一度に挙手したユーザーの手を下げることもできます。

参加者一覧より、①「…」をクリックし、②「すべての手を下げる」をクリックします。

※現状は、デスクトップ版およびモバイル版Teamsにのみ選択できる機能です。