Livestyle サポートサイト
Livestyle サポートサイト > Office 365(管理者向け) > Exchange Online > 多要素認証を使用した Exchange Online PowerShell のセットアップ

多要素認証を使用した Exchange Online PowerShell のセットアップ

(公開: 2021年07月26日)

リモートPowerShellを使用するとExchange管理センターでは設定できない詳細な項目を設定することが可能となります。

本手順では多要素認証に対応した「Microsoft Exchange Online PowerShell Module」のインストールからセットアップ方法までをご紹介します。

 

 

始める前の準備

 

Exchange Online PowerShellを利用する際の前提条件は以下をご確認下さい。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/powershell/exchange/exchange-online-powershell-v2?view=exchange-ps#prerequisites-for-the-exo-v2-module

 

 

1.Exchange 管理センター (https://outlook.office365.com/ecp/) を開く。

 

2.【ハイブリッド】>【セットアップ】の、【Exchange Online PowerShell Module は、多要素認証をサポートする。Exchange Online をより安全に管理するには、このモジュールをダウンロードすること。】の【構成】をクリックする。

 

 

 

 

 

3.【アプリケーションのインストール】が表示されるので【インストール】をクリックする。

 

 

 

 

 

※インストールでエラーが発生する場合の確認点と対応策
1.Internet Explorer 9.0 以降のバージョンを使用しているが、Microsoft .NET Framework
4.5 以降のバージョンをインストールしていない。
2.Internet Explorer にローカル イントラネット ゾーンを正しく設定していない。
3.サードパーティ ブラウザーを使用しているが、ClickOnce ブラウザー拡張機能をインストールしていない。
4.送信プロキシ サーバーの接続中にタイムアウトとなる。

 

それぞれの対応策については、下記を参照すること
【Exchange Online 管理センターで電子情報開示 PST エクスポート ツールを開始できない】
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2919825/you-can-t-start-the-ediscovery-pst-export-tool-from-the-exchange-admin

 

 

 

Office 365 の Exchange Online に接続

 

 

1.【Microsoft Exchange Online Powershell Module】を起動する。

 

※グループポリシーでソフトウェア制限を行っている場合 %userprofile%\AppData\Local\Apps を許可する必要がある

 

2. 以下のコマンドを実行する。

Connect-EXOPSSession -UserPrincipalName <Exchange Online 管理者アカウント>

 

3.サインイン画面が表示されるのでユーザー名とパスワードを入力してサインインする。

 

4.エラーが表示されなければ接続完了となる。